水の飲みすぎは、実は怖い!

【 Post date:2015-09-11 14:40:50

つい何年か前に、健康と美容のために、お水をたくさん飲むのが流行りましたよね。テレビでも雑誌でも、かなりプッシュされていましたから、いまでも、習慣的にお水をたくさん飲むようにしている方は多いんじゃないでしょうか。

でも、知っていましたか? お水の飲み過ぎが危険だって言うことが、最近になってから騒がれていることを。お水は適度に飲むのはいいのですが、飲み過ぎるのはかえって身体にとって毒なんです。水毒症ってご存知ですか。東洋医学でいうところの、お水を飲みすぎた時に起こる中毒症状のことなのですが、むくみがひどくなったり、体調が悪くなったりして、最悪死に至ることもある症状なんです。

人間の身体の60%はお水だから、お水はいくら飲んでも大丈夫っていうのは嘘です。逆に、そのバランスを崩さないように、お水を摂取するようにしなければいけないのです。少しお水を多めに取りなさいというのは、今のままだとお水が少ないから、適量とりなさいということなのです。決して、水を飲めば飲むほど、健康的に、美しくなれるわけじゃないんです。

いまでも、毎日お水を2リットル飲んでいる、なんていう人は一度見直したほうがいいかもしれません。あなたのカラダにとってのお水の適量は、2リットルじゃないかもしれません。計算方法は調べれば出てきますので、一度、摂取すべきお水の量をチェックしてみてはいかがでしょうか。

サイト管理者

  • 名前:ヨガマスヨ
  • 性別:女
  • 年齢:36歳
  • 一言:健康と美容は同じ
BACK TO TOP